「大学職員の給料は高すぎ」と言われることがあります。

確かに、中小企業に比べれば高いかもしれません。

しかし、今後もその給与水準が続くとは言い切れないのです。

大学職員になれば、軽く年収600万円は超える

大学職員になれば、軽く年収600万円は超える

大学職員になれば、たとえ社会人経験の浅い20代でも、年収600万円以上になることもあります。

20代のうちから、これだけの年収がもらえる仕事は、あまり多くないでしょう。

30代でも年収1,000万円以上になることも

また、30代になると、役職や残業代などもついて、年収1,000万円以上になることもあります。

30代でも年収1,000万円を超えることがあるので、「大学職員は給料が高い」と言われたりするのです。

大学職員の年収の高さは、ボーナスが要因

おそらく、大学職員の年収が高いのは、ボーナスが大きく関わっていると思います。

なぜならば、大学職員はボーナスが基本給の5~6ヶ月分もらえることがあるからです。

ボーナスが普通の会社に比べて異様に高いので、大学職員の年収は高くなるのです。

なので、もしボーナスがなければ、大学職員の年収はそれほど高くはないと思います。

大学職員の年収は、青天井なわけではない

大学職員の年収は、一般的な平均よりは高いですが、青天井なわけではありません。

おそらく、年収1,000万円は超えることがあっても、なかなか年収2,000万円は超えないでしょう。

ただ、それでも年収1,000万円を超えれば、他の仕事よりもだいぶ年収は高く、いいかもしれません。

少子化が進む中で、いつまでも高年収が続くわけではない

少子化が進む中で、いつまでも高年収が続くわけではない

このように、大学職員の年収は、一般的な企業よりも高めではありますが、それが今後も続くかは怪しいところです。

なぜならば、これだけ少子化が進む中で、十分な学生数を確保できる保証はないからです。

今後はさらに生徒の獲得も難しくなってくるでしょう。

現に、運営を縮小している大学も多くあります。

なので、これまでと同じような高年収を期待できるかは、わからないのです。

高年収を狙うならば、有名大学を狙え

もし、これから大学職員として高年収を狙いたいならば、有名大学の職員を目指すことです。

誰もが知る有名大学、倍率の高い大学ならば、生徒も確保しやすいので、まだ高年収が狙えるでしょう。

ただし、有名大学の職員採用は難易度が高い

しかし、有名大学の職員採用は、他の大学に比べて、難易度が高めです。

競争率が高いので、普通に採用試験を受けても、なかなか採用してはもらえないでしょう。

それでも、中小企業よりは大学職員の方がまだ安心できるかも

大学職員の年収の高さ、また将来についてもお話ししましたが、それでも、一般の中小企業に比べると、大学職員の方が年収は高めです。

なので、年収が高いうちは、まだ大学職員を目指すのもありかもしれません。

ただ、将来を考えると、いつまでも高年収である保証はないので、将来へ向けての意識はした方がいいかもしれません。