今回は、大学職員の年収は低いのか高いのかについて、詳しく触れていきます。

大学職員の年収は低いのか?高いのか?

大学職員の年収は低いのか?高いのか?

まず、大学職員の年収が低いか高いかですが、世間の平均年収(約400万円)から見ると、高い方だと思います。

年収500万円は普通に行く

実際に、大学職員になりたてのひとでも、年収500万円以上行くこともあります。

世間の平均年収400万円からすると、やはり高い方でしょう。

30歳前後でも年収600万円は行く

大学によっても違いますが、30歳前後になると年収600万円程度になることもあります。

30歳前後では、なかなかの年収ではないでしょうか。

さらに、40代50代になり、役職がつくと、年収700万円以上になっていきます。

私大なら年収1,000万円を超えることも

私大の大学職員で、役職が上がっていくと、年収1,000万円を超えることもあります。

もちろん、そこまで行くには、それ相当の仕事と実績を残さねばなりませんが、大学職員はそれくらいの年収が得られることもあります。

国立大は多くても年収800万円?!

ちなみに、年収は国立の職員よりも私大の職員の方が高めです。

国立大学の職員は、高くとも年収800万円程度というのが普通です。

もし、年収面で考えるならば、私大職員の方が良いかもしれません。

大学職員はボーナスが多い

大学職員はボーナスが多い

また、大学職員はボーナスが多めです。

一回のボーナスでも、給料の3ヶ月分出ることもあります。

普通の会社では、これほどのボーナスはなかなか出ないでしょう。

大学職員の年収が高いのは、ボーナスの高さも要因しているでしょう。

基本給はそれほど高くなくとも、ボーナスで一気に収入が増えることがあります。

役職がない職員は残業代で稼ぐ

役職がない職員は、残業代で稼ぐこともできます。

基本的に、役職がつかない職員は、残業した分だけ残業代が支払われます。

部署によっては残業できないことも

ただし、部署によっては残業ができないこともあります。

もし、残業をするならば、申請しなければ残業できないという場合もあります。

忙しい部署だと、残業することも多いので、残業代で稼ぐことができるでしょう。

大学職員は福利厚生が整っている

大学職員は福利厚生が整っている

また、大学職員は福利厚生が整っています。

ハイシーズン時期も、立地の良い宿泊施設を格安で利用することもできます。

娯楽施設も半額以下で利用できる場合もあります。

結構、大学職員の福利厚生は良いので、見逃せません。

今後は年収減が予想される

今後は年収減が予想される

一般的に見て、年収が高いと言われる大学職員ですが、少子化が進み生徒数も減少しているので、今後は年収減が予想されます。

残業させないようにして、ボーナスも減る可能性があるでしょう。

なので、今後は大学職員の年収が高いとは必ずしも言い切れません。

大きな学校でも、生徒数が減少して不要になった土地を売却し、事業縮小しているところもあります。

今後はコストをさらに削減し、ひとりひとりが意識を高く持ち、学校運営していく必要があるでしょう。