大学職員というと、準公務員的な感じで、将来も安定している職業のように見られることもあるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。

大学職員の仕事も、将来が保証されているわけではないのです。

少子化が進み学校運営も苦しくなっている

少子化が進み学校運営も苦しくなっている

そもそも少子化が進んでいるので、学校経営も難しくなってきています。

今は定員割れを起こしている大学も少なくないので、今までと同じような運営を続けていても、安定して経営が続けられるわけではないのです。

少子化が進む今の社会だからこそ、大学職員の仕事も安泰とは言えないのです。

生徒が減り、土地を売却する学校も

以前のように、多くの学生が来なくなったため、経費削減のために不要地を売却する学校も増えてきました。

また、学校だけではなく、近隣の商店街にも学生の減少は、影響を及ぼしています。

パワハラに苦しむ大学職員

また、それだけではありません。

大学職員内にもパワハラというものがあります。

特に、役職のある職員や主任教授によるパワハラは、一般職員ではどうすることもできず、見て見ぬふりをされ、学校内にパワハラが横行することがあるのです。

なので、ひどいパワハラを受けて、学校をやめる職員もいます。

大学によっては、人間関係も最悪で、精神が病むような職場環境で働かなければいけないこともあるのです。

大学職員の平均年収は高め

大学職員の平均年収は高め

ただ、大学職員の平均年収は高めで、30歳前後で年収600万円以上得られることもあります。

また、端から見れば、まだまだ大学職員は安定している職業として、魅力的に見られることも少なくありません。

なので、職員の欠員が生じても、また新たに応募者は殺到するので、人材には困らないのです。

今後も高い年収を維持できるかは怪しい

ただし、今後も高い年収を維持できるかは、怪しいところです。

なぜならば、先にも触れたように、少子化が進み、大学に行く学生も少なくなってきています。

そのような状況下で、これまでと同じような利益が確保できるかは怪しいところです。

現に、減益している学校も少なくありません。

そうなると、大学職員の年収にも影響してくるので、今後は年収やボーナスが下がる可能性も十分にありえます。

なので、収入面から見ても、大学職員の仕事は決して安定しているとは言い切れないのです。

大学職員になったからといって、将来が保証されているわけではない

大学職員になったからといって、将来が保証されているわけではない

以上のように、大学職員になったからといって、将来が保証されているわけではありません。

むしろ、今度さらに状況が悪くなる可能性は十分にあります。

なので、あまり大学職員に対して、淡い期待を抱きすぎないことです。

子供を大学に行かせられない家族も少なくない

大学は、やはり学費が高い傾向にあり、家計が苦しいひとは入学が難しいのです。

特に、国内でも経済格差が広がっており、以前よりも大学に行かせるのが難しくなっている家族も増えています。

専門校や通信校も力をつけてきている

また、大学以外の専門校や通信校も、効率よく学べて、大学に比べて学費も安いので、そちらに行く学生も少なくありません。

生き残りをかけた戦略が必要になる

大学が、これから将来も存続するためには、生き残るための戦略が必要になります。

もう以前のような、ほっておいても学生が来てくれるわけではないので、より魅力的な学校運営をしていく必要があります。

これまでの旧態以前のやり方だと、時代にはついていけないでしょう。

今は、様々なところから情報を仕入れることができます。

学校に行かずとも、ネットだけで学習できてしまう時代です。

そんな中で、どうすれば学校に魅力を感じ、受験しに来てくれるのか、職員ひとりひとりが考えていく必要があるでしょう。

歴史が長い学校ほど、保守的な思考が強く、変化しにくい体勢になっていることもあります。

しかし、そのままでは学生数は減る一方で、学校存続も危ぶまれます。

もはや、大学職員も将来が保証された仕事ではないのです。

今後は、創造性や行動力を持ち、変化の時代に対応していく必要があるでしょう。